本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

茨城県知事選は8/27(日)

 

茨城県知事選が10日に告示されましたので、簡単に争点まとめ。

なんか、面倒くさい選挙っぽいです。

 

 

 

まずは公式ページ

 

県知事選・県議補選 関連情報/茨城県

 

投票速報は茨城県の公式ページに出る筈ですので、まずはリンク置いときます。

 

 

 

 

現職vs新人2名の3候補による争い。争点は

 

今回の茨城県知事選ですが、現職の橋本候補に新人の大井川候補と鶴田候補が挑む形になります。

 

www3.nhk.or.jp

 

立候補者を届け出順に列挙すると:

 

 

争点は「現職の多選の是非」と「東海原発等の稼働の是非」という事で、多選の是非はともかく、原発稼働の是非はそのまま「代わりの雇用や税収減をどこに求めるか」という深刻な内容につながります。


橋本昌さんの政策

  • 新しい福祉や教育
  • 原発再稼働は認め合い方針
  • 代替の税収源や雇用政策への言及は無し

 

大井川和彦さんの政策

  • 社会保障問題に)民間の経営感覚で取り組む
  • 原発再稼働に関する積極的な記述は(NHKには)無し
  • 原発再稼働を否定せず&社会保障に「民間の経営感覚」なので税収は問題無し

 

鶴田真子さんの政策

  • 社会保障に力を入れる
  • 原発再稼働反対
  • 出費増える上に税収減減るけど、どするんだろう?

 

 

深読みすると、橋本さんと大井川さんは社会保障費を圧縮するのかなと思います。橋本さんの政策では原発停止により税収が減りますが、その分を社会保障費の圧縮で賄えるか。

 

大井川さんの政策は、その面は問題無し。

 

鶴田さんの政策は、やはり「財源どうすんだ?」ですね。

 

 

 

面倒臭い争い

 

今回の茨城県知事選ですが、面倒な事になっているようです。

 

www.yomiuri.co.jp

 

 連合茨城や県農政連、県建設業協会などの団体や、市町村長の大半から支援を受ける橋本氏に対し、多選反対の自民党が8年ぶりに対立候補を擁立。地元国会議員や県議が大井川氏を支援しているが、党内には温度差もある。公明党も党本部主導で推薦を決めたが、橋本氏支援の動きがあり、一枚岩とはなっていない。

 日本原子力発電東海第二原発の再稼働反対などを訴える鶴田氏は、共産党の推薦を受け、社民党も支援する。民進党は多選反対の立場だが、意見がまとまらず自主投票となった。

 

つまり、

 

なので自公支持票の大半は大井川さんに流れそうですが、橋本さんにも一定量流れる

 

民進党自主投票ですが、原発反対票は鶴田さんに流れ、原発賛成票は多選反対の立場から大井川さんに流れるのかなと推測。しかし、自公推薦の候補に投票するだろうか・・・

 

まずは、情勢がどう動くかまだ見極めが必要そうです。

 

 

 

現職陣営の動きがいろいろおかしい

 

事前の世論調査では現職がリードしている一方で、伝わってくるのはどうも現職陣営が風説を流布しているような・・・?

 

と思っていたところ、自民茨城県連が茨城県選挙管理委員会に抗議を入れたとの事です。

 

【茨城新聞】知事選でビラ文言や広報告知、県選管の対応に抗議 自民県連が会見

 

8月27日投開票の知事選を巡り、無所属新人候補を推薦する自民党県連(梶山弘志会長)は16日、記者会見を開き、確認団体による法定ビラの文言や、県広報紙の知事選投開票日の告知の扱いについて、県選管に抗議したと発表した。

 

同県連によると、法定ビラは対立候補の陣営が同日、一部の新聞に折り込んだ。自民、公明両党が推薦する無所属新人候補を「自民党候補」「金権政治」などと表現したため、県連は「異常なほど偏った内容で、公明公平さを強く求める」(海野透会長代行)と抗議。作成した陣営への法的措置も検討するとしている。

 

 

 

8/21追記:現職圧勝のはずが、接戦に

this.kiji.is

 

共同通信社は19、20両日、任期満了に伴う27日投開票の茨城県知事選で電話調査を実施し、取材を加味して情勢を探った。現職最多となる7選を目指す橋本昌氏(71)と経済産業省出身で元IT企業役員の新人大井川和彦氏(53)=自民、公明推薦=が激しく競り合う展開となっている

 

公示直後は「現職圧勝」という予想が多かったこの茨城県知事選ですが、大井川和彦候補が追い上げ「激しく競り合う」状態にまで持ち込んでいるようです。

 

タイトル・文中とも現職が先に書かれていますのでまだ若干現職のほうが有利なようですが、一週間の間にこの差がどう変わってくるか。