本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党の玉木雄一郎さんが、「PAC3の中四国配備は私の成果!」と主張して猛非難を浴びる

f:id:inatei:20170811102853j:plain

 

民進党のタマキンこと玉木雄一郎さんが、「PAC3の中四国配備は私の成果!」と主張して猛非難を浴びているようです。

 

 

 

PAC3の中四国配備はタマキンのおかげ???

 

民進党玉木雄一郎さんによると、PAC3の中四国配備はタマキンさんのお手柄なんだそうです。

 

北朝鮮がグアムに中距離弾道弾をぶち込むとか騒いでいる以上、そのルート上にPAC3を配備することは誰でも考えると思うのですが・・・

 

タマキンにとってはタマキンのお手柄なんです!!そこは譲れない!!

 

 

 

ミサイル防衛の穴を塞ぐべき。小野寺大臣に提案しました。https://t.co/RFZmzZxJFS

玉木雄一郎 (@tamakiyuichiro) 2017年8月10日

 

 

 

私が昨日の国会審議で提起したPAC3の空白地域の問題。昨日の小野寺大臣とのやりとりの段階では平行線だったが、早速、PAC3の中国、四国地方への配備について本格検討に入ってくれたようだ。実現につながる提案型の質問を心がけていきたい。https://t.co/horA5QZlz9

玉木雄一郎 (@tamakiyuichiro) 2017年8月10日

 

ここで、タマキンが出してきた産経新聞記事を見てみましょう。

 

www.sankei.com

 

 玉木氏は、米領グアムの「包囲射撃」計画を表明した北朝鮮朝鮮人民軍戦略軍司令官が、ミサイルの島根、広島、高知3県上空通過を予告したことに触れ「四国、中国はPAC3の空白地帯だ。早急な対応を打つべきだ」と強調した。

 小野寺五典防衛相は「さまざまな情報収集をする中で総合的に対応する」と説明したが、玉木氏は「積極的に見直しを」と食い下がった。小野寺氏は「数に限りがある」と重ねて訴え、応酬は平行線をたどった。

 

国防の手の内を明かせ!と迫るタマキン。

国会議員なのですから、迎撃ミサイルの配備状況を世界に大発信するような間抜けな真似は控えてほしいものです。

 

 

 

国会質問直後の報道(1)と
一夜明けての報道(2)。 pic.twitter.com/83nPw6qb1t

玉木雄一郎 (@tamakiyuichiro) 2017年8月11日

 

 

 

 

昨日の国会で、私が中四国の空白地域へのPAC3配備を提案したことに対して、ネット上で左右両面からご批判をいただいているが、国の防衛に与党も野党もない。国益のために現実的な対応を積み重ねていくだけだ。同僚の後藤祐一議員の存立危機事態についての質問も本質的なものだった。

玉木雄一郎 (@tamakiyuichiro) 2017年8月11日

 

 

 

しかし非難・批判が集中・・・

 

玉木雄一郎さんは、自身が加計学園前川喜平事件(タマキード事件)の主役の一人でした。

 

貴重な国会審議時間から閉会中審査までの時間を潰し、国防を遅延させた主犯の一人であるため、この短時間のポーズはむしろ強い反発をもって受け止められているようです。

 

  • 旧・民主党政権が防衛費を削ったからミサイルが足りないんだ!
  • 四国には獣医学部が無くてもいいのに、PAC-3はいいの?
  • 限られた資源を(タマキンの地元の)四国に優先配備しろと主張するのは、利益誘導では?
  • 平和憲法唱えてりゃ大丈夫なんだろ?
  • 散々森友・加計と騒いでおいて、今更何言ってんの?あなたタマキード事件の当事者だよね?!
  • 獣医学部の穴は塞がないんですかあ?
  • 手柄泥棒の手柄自慢

 

 

 

加計学園獣医学部新設を妨害する前の主張・・・これは惨い!

 

タマキンが非難され、信用されない理由はもう1つあります。

 

タマキード事件であれだけ「獣医学部の新設に反対!」していたタマキンですが、これまでに「獣医師会から献金を貰う前は、なんと獣医不足を訴えていた」事が判明しているからです。

 

 

畜産農家のメンタルケアも重要です。政府をあげて対応しなければなりません。また、産業動物の獣医が不足していることにも、早急な対応が必要です。

玉木雄一郎 (@tamakiyuichiro) 2010年5月3日

 

 

netgeek.biz

 

注目してほしいのは日付。2010年と7年前の投稿であり、この時点では玉木雄一郎議員も産業獣医師の不足を社会的な問題と認識していたことが分かる。

 

しかしすでに皆さんご存知の通り、玉木雄一郎議員は日本獣医師会から献金(確認されたのは100万円。成功報酬はもっと高額だと予想される)を受け取り、意見を180度変えてしまう。前川喜平氏に賛同し、安倍総理と真っ向から対立。ブログでは「獣医師の月給を倍に!」と投稿しているのが見つかり、記事を書き換える隠蔽工作まで行っていた。

 

実は、タマキード事件(加計学園前川喜平事件)は「タマキンが献金を受け取って、主張を180度転換した」その結果発生した事件でもありました。

 

このような人物ですので、いま「PAC3配備」と主張したところでで、いつ「四国にPAC3を配備するな!戦争反対!」と言い出すか分かったもんじゃありません。

 

というか、民主党政権として国防費を削減しているのに、PAC3配備しろと主張した時点で矛盾しているのですけどね。

 

 

今回の事の本質は、タマキンの人間としての信用の問題だと思います。

なので、左右双方から叩かれているのです。

 

 

 

一方そのころマック赤坂さんは!

タマキンが好き勝手な事を言って叩かれている間に、あのマック赤坂さんは・・・

 

 

中国・四国地方では昨夜から続々と迎撃ミサイルPAC3が配備されているようですが、その他の地方の皆さんのためにマック赤坂は立ち上がりました!
笑撃ミサイルMAC3を全国に配備済みです。スマイル! pic.twitter.com/nuIvV04N2i

マック赤坂【公式】 (@macakasaka) 2017年8月12日

 

絶対やってくれると信じてました!スマイルッ!!