本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

小池百合子都知事「文書が不存在である…それは"AI”だからです」-豊洲市場と築地市場の併用を決めた理由を問われー

f:id:inatei:20170810212644j:plain

 

なんか、東京都の市場移転問題が大混乱に陥ってますね。

 

 

 

安全宣言もしないで解散しちゃった「豊洲・都プロジェクトチーム」

去る8/4、「豊洲市場の問題を審議する東京都のプロジェクトチーム」が解散しちゃいました。

 

 

web.archive.org

 

豊洲市場の問題を審議する東京都のプロジェクトチームは、築地市場豊洲への移転にあたっては市場業界が求める小池知事の安全宣言は必要なく、安全性についての継続的な情報発信が重要だとする提言をまとめました。

 

あれれれれ?

市場の豊洲移転に「待った!」をかけた理由は、「安全性が確認できない」からではなかったのですか?

小池百合子都知事から安全宣言が出るまでは、移転できないのではなかったのですか?

 

いい加減過ぎるでしょ、これ・・・

 

 

 

費用はさらに激増して70億超え!!東京都民に重税

これまで、突如の延期により工事費用がどんどん無駄になり、そして違約に伴う賠償も膨れあがり続けました。

 

そして「温泉の万葉倶楽部」(千客万来プロジェクト)も、具体的な訴訟に動きそうな雰囲気を出しています。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 決定以降、同社は開業に向けて準備を進めるものの、小池都政に振り回されて続けた。16年9月には、豊洲の土壌汚染問題などにより、都から設計の一部中止要請を受ける。17年1月には着工延期。とどめは6月20日、「築地は守る、豊洲を活かす」の方針が打ち出されたことだ。小池知事は、築地を再開発し「食のテーマパーク」にすると宣言したのである。

 

 これに対して万葉は大反発。築地と豊洲、わずか2キロメートルしか離れていない場所に「食や市場に関連した、東京を代表する集客施設」がそれぞれ誕生すれば、「バッティングしてしまい、集客はおろかテナント誘致にも大きな影響が出る。事業採算性が見込めない。そもそも公募時の前提条件と大きく異なることになったことに対する説明が全くない」(高橋会長)。こうした理由から万葉は、小池知事に説明回答を求める文書を送った。

 

 高橋会長は「当初見積もった総投資額180億円から、工事の延期などですでに20億?30億円上振れしている。新しく人を採用したり、テナント募集も進めたり、多方面で努力してきたのに…」と憤りを隠さない。

 

 

賠償額だけでも天文学的な数字になりそうですが、それ以前に「築地移転対策費」とやらが70億円だか必要になるんだそうです。都税が相当な重税になりそうですね。

 

www.sankei.com

 

 築地市場(東京都中央区)の豊洲江東区)への移転に向け、東京都が豊洲の追加土壌汚染対策工事費や関連費用として今年度と来年度分を合わせて、総額70億円超の補正予算案を組む方針であることが9日、分かった。費用には築地再開発に向けた調査費も盛り込まれる。今月28日に招集予定の臨時議会に提出され、質疑が行われる見通し。

 

 

これだけの莫大な支出を行う上、「来年度予算」とか書いてあるので「具体的な移転は来年度以降」になることは確実。関係者の怒りと苦労、損失はなおも続く。

 

 

 

豊洲と築地の併用案を採用した理由は「私が決めたから」

おい透明化とか石原叩きとかは一体何だったんだ

 

mainichi.jp

 


 東京都の市場移転問題を巡り、豊洲市場江東区)と築地市場中央区)の双方に市場機能を残す豊洲移転・築地再開発方針」の最終判断に関する記録が都に残っていない問題で、小池百合子知事は10日の定例記者会見で「一言で言えば政策判断。政策決定者である私が決めたということで、文書としては残していない」と理由を説明した。

 

恐ろしいのは、これらの決定プロセスが密室も密室、「小池百合子と愉快な東京都顧問」だけで決められている点です。

 

先日の都議選で都民ファーストの会が大勝したので、表面上だけの議会決定で可決させたのか・・・というと、それすらやってないです。

 

これこそ「独裁」だと思うのですが・・・

 

 

 

「文書が不存在である…それは"AI”だからです」「人工知能、それは私」

 

ええいもう何が何だか訳がわかりません!!

 

www.youtube.com

 

この動画の、43:13あたりから必見!

多分朝日新聞社の記者さん。ぐっじょぶ!!

 

そして2つ目のご質問でございますけれども、その情報というかあの、文書が不存在である…それは、あの、"AI”だからです!(キリッ!!

私があちこちそれぞれ外部の顧問から、それからこれまでの市場の在り方戦略本部専門家会議いろいろ聞いてきました。考え方を聞いてきました。いくら金目がかかるかについては局長、関係局長が集まった会議で既にA案B案C案D案と各種の数字が出てきております。よって試算についてはすでに公表されているものがあります。


最後の決めはどうかと言うと、人工知能です!(キリッ!!
人工知能っていうのはつまりあの、政策決定者である私が決めたという事でございます←????
回想録に残すことは出来るかと思っておりますが、最後の決定という事については文書としては残しておりません。政策判断という、一言で言えばそういう事でございます。

 

 

 

小池都知事の「私がAI」発言が Togetter にまとめられてた

テレビマスコミではほとんど報じられていない一方で、鳩山由紀夫さんの「ルーピー」超えともいわれるこのAI発言。

 

ついに Togetter にまとめられた模様。

 

togetter.com