本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

『株価高いと支持率下がる、安倍政権「慢心の法則」 』日経新聞の永井洋一さんが独自の見解

f:id:inatei:20170803183040j:plain

 

日経新聞永井洋一さんによると、株価高いと安倍政権の支持率が下がるんだそうです。そしてその理由は、安倍政権「慢心の法則」なんだそうです。

 

 

『株価高いと支持率が下がる 』という謎理論を振りかざす、日経新聞

 

www.nikkei.com

 

 株価と内閣支持率が同じ方向に動く「株価連動政権」と安倍晋三内閣が呼ばれたのは、今や昔となった。双方の動きを追ってみると、意外だが最近は株価が高いと支持率は下がる傾向がある。この「法則」を当てはめれば、日経平均株価が年初来高値圏にある現在、3日に予定されている内閣改造を経ても支持率が劇的に回復する見込みは薄い。

 

 

あれだけ「捏造報道」と「報道しない自由」を駆使しておいて、よく言えたもんだと思います。これが日経新聞の実態、とい事でしょうか。

 

 

 

折りも折り、同じような指摘をされている方がいらっしゃいました。

まあ、昨今のマスコミは「あまりにも不自然すぎる報道」ばかりですので、さすがにもうバレちゃってるんでしょうね。

 

netgeek.biz

 

行列のできる法律相談所」でお馴染みの北村晴男弁護士が加計学園問題について言及し、マスコミの偏向報道が民主主義を歪めていると批判した。
普段は冷静沈着な北村晴男弁護士が怒りながら力説する4つの主張。

 

(1)「影響力の大きいワイドショーが加戸前知事の証言を放送しなかった。おかしい!」

北村晴男前川さんの発言だけを取り出して、加戸さんの発言を取り上げたワイドショーは全くないんですよ。これがびっくりするんですよ」

 

 

(2)「マスコミの報道しない自由は民主主義を歪めている」

北村晴男Aという主張とBという主張があってBの論拠は取り上げないというのは民主主義では絶対に許してはいけませんよ」

 

(3)「前川喜平は岩盤規制で権力を誇示して天下り先をつくってきた」

北村晴男「岩盤規制を強固にして権力を見せれば、文部科学省の役人はすごいとみんなに思わせることができる。それをやってきたのが前川さんなんですよね」

 

(4)「最も説得力があったのは加戸前知事の証言。それを無視したマスコミは終わっている」

北村晴男「マスコミは具体性のない訳の分からない前川さんの証言のみを取り上げて、『我々は獣医師が不足して困っていたんだ。あんなひどい行政はない』という文部科学省出身の加戸さんの証言を報道しない。
どうなってんですか!?日本のマスコミは終わってますよ。完全に」