本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

安倍首相のクレジットカードをばらした焼肉屋を「VISAに通報しよう」祭り勃発!ところでVISAって何?

f:id:inatei:20170801185634j:plain

 

山梨県の焼肉屋が「安倍首相のクレジットカードについてべらべら喋ってしまった」として、個人情報保護法的な観点から大変な問題になっていることは、昨日お伝えした通りです。

 

www.inatei.com

 

 

 

「問題の焼肉店をVISAに通報しよう祭り」勃発!

問題のおさらいです。

 

山梨県の焼肉屋「鉄庵」の店主・荒井章治さんが安倍首相のクレジットカードについてTBSに喋り、またTBSも編集することなく報道してしまったことから、荒井章治さんとTBSの双方が非難の的になっています。

 

ttekito4.blog.jp

anonymous-post.com

 

今回はゴールドカードでしたが、これがブラックやプラチナといったカードであったならば、TBSは鬼のような形相であげつらった事でしょう・・・。

 

そうでなければ、わざわざクレジットカード情報など聞こうはずがありません。

 

 

さてこの問題に絡み、一部(旧2chなど)では「VISAに通報(意訳)しよう!」祭りになっています。

 

【個人情報提供店舗/twitter】山梨の焼肉鉄庵の荒井店長、安倍総理が使用したクレカ情報を「報道特集@TBS」にべらべらしゃべる(画像)[H29/7/31]

 

13 :名無しさん@おーぷん :2017/07/31(月)19:47:01 id:zt8 ×
>>11
旧ではVISAに問い合わせしよう!という流れになってた

 

とはいえ、このVISAっていったい何なんでしょう?そして通報すると何がおこるのでしょうか?

 

 

 

クレジットカード業務は、ざっくり2種類

 

まず、話の前提としてざっくり書いてしまいます。

クレジットカードの業務は、大きく「アクワイアラー」と「イシュアー」の2つに分けることができます。(異論は認めません!!)

 

  • アクワイアラー:加盟店開拓や管理などを行う加盟店契約会社のこと。
  • イシュアー:自社カードや提携カードなどの発行を行うカード発行会社のこと

 

もっとざっくり言ってしまうと、アクワイアラーは店舗側、イシュアーは利用者側を管理する会社です。店舗と契約してイシュアからお金をもらい、店舗に渡すのがアクワイアラー。利用者にカードを発行し、商品の代金を受け取ってアクワイアラーに渡すのが、イシュアー。


日本のカード会社は両方兼ねているので、日本人にとってはいまいちピンとこないところですが・・・。

 

例えばイオンカードだと、イオンカードの取扱店でしか使えない筈です。逆に、イオンではイオンカードカード以外使えない筈・・・ところが、実際にはまず問題無く、イオンカードは他の店舗で使えますし、イオンで他のカードが使えていると思います。

 

これはイオンが国際ブランド(例えばVISA)に加盟しているためで、このおかげで、イオンカードでなくともVISAマーク付きのカードであれば、イオンで使えます。逆に、イオンカードがVISA付きであれば、他のVISA加盟店舗でも使えます。

 

 

 

VISAはアクワイアラー

 

VISAという会社は巨大なアクワイアラー、つまり加入店舗側を管理している会社です。クレジットカード決済に対応しているお店であれば、大抵VISAに加入しているので、国際ブランドVISAのカードを出せばお買いものができます。

 


イオンカードセレクト

 

画像はクレファンからパクりました。

 

 たとえば、この図(イオンカードセレクト)だと、右上にイオンのマークがあります。なのでイオンカード取扱店で使えます。一方、右下にVISAのマークもあります。なのでVISA加盟店でも使えるのです。

 

実際には、VISA・MasterCard・JCBの3ブランドはだいたいの店舗で全部加入していますので、この辺を敢えて意識することなく「クレジットカードが使える店なら、だいたいどのクレジットカードでも使える」ようになってます。

 

 

 

VISAに焼肉屋をチクると何がおこるの?


それでは、問題の焼肉屋を「VISAに問い合わせ」した場合、何がおこるのでしょうか?

 

お金のやり取り、特にクレジットカードは借金を取り扱うものですので、関係者の信用が重要になってきます。与信の意味でも、文字通りセキュリティ的な意味でも。

 

今回の焼肉屋のケースは、利用客のカード情報という個人情報を不特定多数に流出させてしまいました。VISAが「この店は危険だ。信用できない」と判断した場合、契約を停止、つまりこのお店でVISAブランドのカードが利用できなくなります。

 

その場合、おそらくはMasterCardやJCBも追従するかと。

そうなると、このお店ではクレジットカードが使えなくなってしまい、お客が減ることになる・・・。

 

 

 

おまけ:VISA自身が発行しているカードはあるの?

 

VISAやMasterCardは、イシュアーではない、つまり直接はカードを発行していません。JCBなどはイシュアーを兼ねているので、カードを発行しています(プロパーカード)。

 

但し、日本では三井住友カードが「VISAプロパー」に準じるカードと目されています・・・が、三井住友カードはMasterCardもあるので注意が必要。

 

別に注意することもないか。