本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

林文子市長(現職)が当選確実! 横浜市長選

f:id:inatei:20170730193729j:plain


横浜市長選は、現職の林文子さんがゼロ打ちで当確を出す結果となりました。

 

 

 

現職・林文子市長がゼロ打ちで当選確実!

www3.nhk.or.jp

 

JUST IN
横浜市長選 現職の林氏 当選確実7月30日 20時00分

 

 

 

各候補の公約おさらい


今回の選挙公約は、それぞれ次の通りでした。


林文子候補

  • 現職
  • 公約:「ハマ弁給食」、いじめ対策、高齢化社会への対応、防災、コンベンションと企業誘致による経済活性化、IRの誘致に前向き
  • 実績:待機児童ゼロ、大企業誘致

 

長島一由候補

  • 民主党衆議院議員、逗子市長。
  • 公約:中学校給食実現、市政の見える化(無駄遣い排除)、入札の公正性向上、働き方改革、カジノ反対

 

伊藤大貴候補

  • 横浜市議。
  • 公約:生産性の高い行政、公共空間のリノベーション(修復と刷新のどちらの意味かは不明)、中学校給食、英語教育などによる公教育の充実、カジノに頼らない観光まちづくり

  

並べて比較すると、一部で争点として声の大きかった「カジノ」に対しては、現職がやや前向き(市政を俯瞰した際の一部)、長島一由さんが否定、伊藤大貴さんが消極的に反対(頼らないだけですから)でした。

 

教育政策には、目立った違いは無し。

 

問題は経済政策で、工業都市商業都市でもある横浜の市長選でありながら、これらを考慮しているのは現職のみに思えました。

 

伊藤大貴さんは観光メインでしたが、IRに頼らないと宣言しているため観光客の顕著な増加は見込めず、企業誘致などの動きを見せない中で市をどうやって発展させる気なのかなと。というか行政って、そもそも民間企業が利益を出せず手をつけない部分を行うものであって、生産性を求めるのはおかしいんじゃないかなと。

 

長島一由さんに至っては、これ緊縮財政一直線なのでは?税収の見込める横浜市で、なぜ緊縮財政?と疑問符浮かびまくりでした。

 

 

 

民進党が勝手に混乱した選挙

そもそも林文子さんは、民進党の前進である民主党から2009年の市長選のときに推薦されて当選した人でした。前回2013年の市長選も、与野党相乗りでしたが民主党は引き続き林文子さんを推薦しています。

 

ところが、民進党は今回、自由投票としました。

所属議員がめいめいに異なる候補を応援してしまい、収拾がつかなくなったためでした。

 

松野維新から合流した江田憲司さんは、伊藤大貴さんを公然と応援しました。松野維新系はおそらく同じ行動をとったと思うのですが、江田憲司さんは途中で伊藤大貴さんの梯子を外したりもしています。うーん、わからん・・・。

 

一方で、長島一由さんは元・民主党国会議員でした。但し逗子市長時代のセクハラ問題があったり(敗訴)、国会議員時も震災対応中のボート事件などがあったため、こちらは厳しかったかな、という気はします。

 

かと思えば、山尾おしりさんは林文子さんを応援したりもしていました。

 

mona-news.com

 

 

・・・

とまあサヨク・・・というよりツイッターランドを見ていた限りでは伊藤大貴さんの支持層(つまり旧・松野維新系か?)が怒り心頭だったようですが、そもそも林文子さんを最初に擁立したのは旧・民主党。この動きは、特におかしくはなかったんじゃないかなと思います。

 

 

 

国政への影響は?

横浜市長選とはいえ地方選ですので、国政への影響は大きくはないと思います。マスコミも、「与党候補が勝利していたとはいえ、民進党分裂選挙だった!国政とは無関係!」と報道することでしょう。

 

しかし先週の仙台市長選では、与党側が分裂状態であったにも関わらず、国政への影響を騒ぎ立てていました。今後マスコミが平等に扱うかどうかは、厳しくチェックし続けなければなりません。

 

その一方で、民進党内政局は「旧・民主党勢」が引き続き優勢を保つことになり、旧・松野維新系の影響力が削がれることになると思います。代表選前夜に、特に江田憲司さんや松野頼久さん、そしておそらくその影響を頼みにしている前原誠司さんにとっては痛い結果になるかもしれません。

 

 

 

早速、民進党初鹿明博>>ミョンバク<<さんがやらかしました

 

www.inatei.com

 

いやあ、しかしさすがにですね、横浜市長選で与党候補がゼロ打ちで勝利した直後に「仙台市長選の結果からも、安倍首相の説明不足は明らかだ!」とかいう記事を出してしまうあたり。三流芸人っぷりがなかなか味わい深い、そんな感じがします。

 

 

 

半月経過。マスコミはやはり平等に報道せず。

もう半月経過しますが・・・

仙台市長選と類似した経緯をたどったにも関わらず、横浜市長選はまるで無かったかのように追撃報道がありませんでした。

 

仙台市長選では、さも政府与党の支持率が下がったかのように大騒ぎしたにも関わらず、横浜市長選ではその逆の報道は全くなされず。

 

公平に報道する気が全くないのですから、既存マスゴミは前者潰れるべきです。存在自体が社会悪です。

 

www.jgnn.net

 

「報道しない自由」に関しては先日分かりにくいからと、【「放送しない自由」ってやはり分かりにくい。「ねつ造報道」とか「うそ報道」の方がいいのかも】という話をした。伝える部分と伝えない部分を配信側が意図的により分け、大意を違えて伝えるというマクロ的視点ではその表現で正しいのだろう。ただ、ミクロ的に考えると指摘の通り、「情報の隠蔽(いんぺい)」という表現もありかもしれない。要は「伝えるべき情報を意図的に隠している」というもの。