本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党・大串博志さんの「稲田更迭でも任命責任は残る」発言が炎上しない、たった一つの理由とは?

ブーメランを投げる男の子のイラスト

 

民進党大串博志さんが、自身のブログで「(稲田朋美防衛相を解任したとしても)なぜこんなに長く稲田氏を安倍総理はかばい続けたのかという任命責任は引き続き残ります」という失言をやらかしました。

 

 

なぜこんなに長く。任命責任は残る

oogushi.ldblog.jp

 

これ内閣改造にあわせて稲田氏を更迭したとしても、なぜこんなに長く稲田氏を安倍総理はかばい続けたのかという任命責任は引き続き残ります。

 

大串博志さんによると、もし首相が内閣改造稲田朋美防衛相を解任したとしても、任命責任は残るんだそうです。

 

何の問題に対する責任なのかは知りませんが。

 

 

また加計学園問題は、要は安倍総理本気で真実を明らかにしようとするかであって、内閣改造とは全く関係ありません。

 

なぜ「民進党(+前川喜平)による改革妨害事件」を内閣改造と絡めるのか全く理解できませんが、これについては明日~明後日の閉会中審査で、あらためて大串博志さんに恥をかいていただくとしましょう。

 

 

 

多重国籍の人間を党代表に据え続けている、お前らはどうなんだという

さて大串博志さんは、これでも民進党の中では政調会長に任命されています。

(きっとあなたでもなれますよ!)

 

政調会長である大串博志さんが「なぜこんなに長く稲田氏を安倍総理はかばい続けたのか、という任命責任」と言及してしまった以上、当たり前ですが「なぜこんなに長く蓮舫氏を民進党議員はかばい続けたのか、という選出責任」が問われることは、目に見えています。

 

普通に考えれば、炎上待った無しです。

 

 

 

大串発言が炎上しない、たった一つの理由

しかし!

大串さんは今のところ、大して炎上していないようです。

 

その衝撃の理由が、BuzzNews に掲載されていました。

 

炎上に悩んでいる皆さん、もしいらっしゃったら参考にしてくださいまし。

大串博志さんの、見事な危機管理術。

 

 

www.buzznews.jp

 

ブログの更新を伝えたSNSがあまり拡散しておらず広く読まれていないことから反応は窺えませんが

 

・・・

・・・

 

すんません。

 

ブログに対する数少ないコメントの中には「まず民進党の窮状を考えた方がいいんじゃないのか」との厳しい声も見られていますが、大串政調会長はブログでこれには触れていないことから、民進党が考える苦境脱出の糸口はやはり自省ではなく政権批判なのか、という印象にもつながりかねません。

 

いやあ、何かすんません・・・