本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党の蓮舫さんが、ついに戸籍謄本を?!

f:id:inatei:20170718190556j:plain

 

 民進党蓮舫さんの会見が行われたようです。

 

t.co

 

 

会見概要

 蓮舫さんの会見内容は、産経新聞に掲載されていました。

 一言でいうと、予想の範囲内の内容に終始。短めです。

 

www.sankei.com

 

 民進党蓮舫代表は18日夕、党本部で臨時の記者会見を開き、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題に関し、昨年9月に台湾籍を離脱した上で翌10月に日本国籍選択を宣言したことを示す戸籍謄本などを開示した。

 

 「本日、私がすでに台湾の籍を有していないことが分かる戸籍の一部を含めた関連の資料をお示しした。本来、戸籍は開示するべきではないと思っている。また、誰かに強要されて戸籍をお示しするということはあってはならないことだというのは、まずもって申し上げさせていただきたいと思う」

 

 「1985(昭和60)年の改正国籍法施行によって、私は17歳のときに届け出て日本国籍を取得した。あわせて台湾籍放棄の手続きを父が完遂してくれていたと理解していた。昨年指摘をいただくまで、台湾籍を持っているとは考えたことも思ったこともなかった

 

 

 「台湾籍が残っていたことを確認した後に、速やかに離脱手続きを行った。(略)外国籍を放棄する選択の宣言を行った。選択の宣言の日付は去年10月7日だ」

 

 「特に選択宣言、その日付が記されたページは、私に関する情報が載っているものではなくて、私の娘と息子に関する記述のあるページだ。そのことからも、この戸籍の一部を公開することに対して私は慎重だった」

 

 「ただ、この春、双子がそろってはたちになり成人年齢に達したことから、(略)今回資料の開示を判断したところだ」

 

 

 

 

 

 

会見内容を見て、皆さんはどう思いましたか?

 昨日「会見前夜」という事で予想を立てさせていただきましたが、その内容と付き合わせてみましょう。

 

www.inatei.com

 

  疑惑の内容が明確になるポイントとして、昨日は以下の3点を挙げさせて頂きました。

 

  1. 現時点で二重(多重)国籍であるかどうか
  2. 台湾籍を離脱した日付はいつか
  3. 上記1,2から鑑みて、公選法違反(虚偽)に該当しないか

 

 今日の会見で判明した内容は、以下の通り:

 

  1. 二重国籍は解消されている筈。
  2. 台湾籍離脱は、2016/10/7。
  3. 参院選の時点で事実関係を公表していなかったため、公選法違反となる可能性あり。

 

 二重国籍のところで勘違いがありましたので、訂正しておきます。

 

 中華人民共和国の国籍法では、「中国国外に定住する中国人が外国籍を取得した場合、自動的に中国籍を失う」と規定されているとの事です。

 従って、台湾籍が残っている状態でも、「日本国籍を取得した時点で中華人民共和国籍を喪失した」と看做すことができます。

 つまり、蓮舫さんは2016/10/7の台湾籍離脱をもって重国籍が解消している・・・と思います。

 

 

www.sankeibiz.jp

 

 但し公開された資料からは「2016/10/7に日本国籍を選択した」以上の情報量は無く、中華人民共和国政府や中華民国政府がどのように認識していたかは不明。時系列的にも、2016/10/7以前の状況は分かりません。

 

 

 

終わりに

 繰り返しになりますが、人権だの強制だのという主張は「戸籍開示を要求した」民進党の内部で勝手に主張してください。

 

 蓮舫さんがレッテル貼りつけ先に想定しているネトウヨ・・・保守系の皆さんは、ツイッターランドで「#蓮舫は戸籍を開示しなくていい」なんていうハッシュタグを使っていたぐらいですからね。

 

 更に「台湾籍を持っているとは考えたことも思ったこともなかった」と主張されていますが、それでは芸能人時代から繰り返してきた国籍関連な発言と整合性が取れません。

 

 今回の開示理由を「双子がそろってはたちになり成人年齢に達した」ためとしていますが、これも不自然。今回開示した情報にはそもそも子どもたちの事など書かれておらず、成人していようがいまいが表には出ない筈です。ここは思うところがありますので、もしネタが集められれば順次出していこうと思います。

 

 

 いずれにせよ、蓮舫さんが「(意図的かどうかは別として)虚偽の情報で参院選に立候補した」ことは事実ですので、今後これが公選法違反に問われるのかどうかだけが興味の対象です。

 

 戸籍云々の話は、民進党の内部で適当にやってくださいまし。

 

 

 

追記:蓮舫さんのクズっぷりをお楽しみください

 いやあ・・・

 蓮舫さん、ほんと「日本人のメンタリティとは対極」ですよ。

 これほどのクズは、そうはいない。

 

www.buzznews.jp

 

蓮舫「その制度の名のもとで重国籍でいる人達に一刀両断でスパイだと言ってしまうのはある意味非常にせつないし、

 

 誰が言ったのか、ぜひとも明示して頂きたいものですな!

 少なくとも、小野田はそのようなことを「全く」発言していないし。

 まさか、また蓮舫さんお得意の「捏造レッテル」ですか?

 

  ネット上では、かつて蓮舫さんとマスコミが陰湿ないじめを繰り返し、松岡農相(当時)を自殺に追い込んだ顛末が掘り返されるに至っています。

 

 

 

中華民国(台湾)パスポートが失効した状態で、台湾籍を離脱できた謎

 その後のアゴラ記事。

agora-web.jp

 

 蓮舫さんの中華民国(台湾)パスポートは、1984/07/15に失効しています。台湾籍を離脱するためには「有効なパスポートが必要」なので、失効した状態では離脱できない筈です。

 

 つまり、次のいづれかの状態になる筈です。

 

  1. 2016/10/7まで有効な中華民国(台湾)パスポートを所持していた(=パスポートを更新していた=台湾籍を有しているという自覚があった)
  2. 2016/10/7の時点で同パスポートは失効していた(=国籍離脱手続き自体が行えない=現時点でも二重国籍のまま)

 

 蓮舫さん本人が「2016/10/7に離脱手続きを行った」と主張している以上、中華民国(台湾)パスポートをどこかのタイミングで更新している筈です。(つまりこの時点で有効だったパスポートを所持していて、隠している)

 

 ところが、「台湾籍を離脱せずに日本国籍を取得した場合、経過措置期間3年を過ぎると違憲状態」になります。この状態で、果たして中華民国(台湾)パスポートを更新できたのであろうか・・・?

 

 蓮舫さんが、とっくの昔に失効したパスポートを公開したのも謎です。これでは、台湾籍を離脱出来ませんので。

 

 いずれにせよ、「二重国籍であることを知らなかった」はずはありません。

 

 

 

実は台湾籍から離脱出来ていないのでは?

 蓮舫会見から日が明けた7/19、「実は台湾籍から離脱できていないのでは?」と疑うに相応しい情報が流れていました。

 

 

 

一つ疑点 #蓮舫 の「台湾国籍喪失許可証、台湾の公的な写真用ではない、民進党のポスターだね」台湾の規制→「2年以内の写真、頭が斜めとはダメです、申請書に写真を添付し、そのまま許可証にスキャンする、だから国民身分証用の写真を使わないと申請出来ないよ」蓮舫氏自分で貼ったの?怪しいよ。 pic.twitter.com/yPIZKAVCAJ

— ☆Chris*台湾人☆ (@bluesayuri) 2017年7月18日

 

 

蓮舫氏の国籍喪失許可証はっきり見えない様にしたの。中華民国105年(2016年)月日が見えない、ずるい。内政部長が正しいが、許可証号010269?今すぐ判断出来ない、許可証号で内政部に問い合わせたら、真偽が判明出来るが。
泥棒が物を盗んだら、発見されたらすぐ還返?違法も違法だよ。 pic.twitter.com/vATNZCgkuq

— ☆Chris*台湾人☆ (@bluesayuri) 2017年7月18日

 

 さすがに身分証明関連の書類で「斜めに撮影した写真(=ポスターの写真)」を使うとは思えないが・・・?