本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

テロ等準備罪(共謀罪とは別物です)がいよいよ施行!!どうなるマスコミ?!どうなるあの方々?!

f:id:inatei:20170711190945j:plain

 

 NHKが朝から「共謀罪ガー」と騒いでいたので、また「テロ等準備罪」にレッテル貼って喜んでるのか・・・というか、なんで今更?と思ったら、本日からテロ等準備罪が施行されたんだそうです。

 

 すっかり忘れてました。

 

 まあ、そんなもんです。

 

 

 

1.なんで「テロ等準備罪」をやる必要があるの?

www.nikkei.com

 

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が11日、施行された

 

 テロ等準備罪を行う理由は、国際組織犯罪防止条約TOC条約)を締結する前提であるためです。

 

 TOC条約を締結していないのは、国連加盟国中、日本を含めわずか11か国。他の国は締結済です。そして2020年の東京五輪の治安維持にむけて、その時点までにTOCを締結しておきたいという政府の思惑があります。

 

 


2.どんな人が対象になるの?

 これについては様々なデマが飛び交っていますので、注意する必要があります。


 「組織的犯罪集団」が対象ですので、野党やマスコミが騒いでいるように「一般人が対象となる事はまずあり得ません」。

 

 対象となる条件は、以下が満たされた場合です:

 

  1. 組織的犯罪集団(テロリズム集団や暴力団など)に所属し、
  2. 2人以上で犯罪を計画し、
  3. 少なくとも1人が現場の下見などの準備行為を行った場合

 

 しかしまあ、そういった集団に該当する団体の方々は、気が気ではないでしょうね。

 

 

3.何が問題なの?

 従来の日本の法律では、犯罪は「発生してから」でないと逮捕などができませんでした。それが、この「テロ等準備罪」に限り、準備段階で摘発できるようになります。

 

 野党などは、これをあげつらって「クラス会で逮捕」とか「草野球で逮捕」などと騒いでいました。

 

 しかし「一般人が組織的犯罪集団に所属していよう筈が無い」ので、この指摘はあたりません。クラス会がテロリストの集会になったり、草野球が血で血を洗う抗争現場になることは無いのです。(バットで殴り合いとかあったりして)

 

 冗談はともかくそのような制限がありますので、野党の騒ぎを真に受ける必要はありません。実際に彼らは、「テロ等準備罪ではオウム真理教すら摘発できない」など、真逆の非難までしています。騒ぐ目的が法案の内容ではなく、反対のための反対であることの証左であります。

 

 

 

4.早速TOC締結が閣議決定されました!!

 「テロ等準備罪」の締結を受けて、政府は早速TOC締結を閣議決定しました!!

 

mainichi.jp

 

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が11日、施行された。これを受け、政府は同法の必要性の根拠としていた国際組織犯罪防止条約TOC条約)を締結すると閣議決定した。