本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

安倍晋三首相が、国家戦略特区の全国展開に言及「意欲があれば獣医学部新設を認める」

f:id:inatei:20170624180753j:plain

 

都議選告示直後のこのタイミングで、安倍首相が「国家戦略特区の全国展開」、要するに「全国各地での獣医学部新設を認める」ことに言及してきました。

 

 

this.kiji.is

 

安倍首相は、国家戦略特区に関し「全国展開を目指したい。意欲があれば獣医学部新設を認める」と述べた。

 

 

 

1.結局野党やマスコミってなにを騒いでたんだっけ?

民進党など共謀野党4党およびマスコミは、たまたま加計学園長が安倍首相の友人であることを奇価とし、さも首相が友人の持つ法人を優遇したかのように騒ぎ立ててきました。

 

しかしそれを裏付ける物証はまったく発見されず、逆に誰でも作れる怪文書ばかりが次から次へと登場した、この辺の経緯は皆さんご存じの通りです。

 

さて、もし加計学園獣医学部を認可しようとした場合、一校のみに絞り込む必要性、つまり京産大を排除する必要性はまったくありません両方認可すればいいだけの話ですから。

 

この辺、民進党は何か勘違いをしているようで、政策ではなくもはや政局ですらないゴシップ目的で臨時国家の開催を要求していることはお伝えした通りです。

 

www.inatei.com

 

 

 

2.獣医学部の新設が、一校にしか認められないのはなんでだっけ?

 

一校のみに絞り込んだ理由は、実は獣医師会の意思によるものでした。

 

www.inatei.com

 

  • 獣医師会側が与党側に献金を行い、獣医学部を新設できるように規制緩和されても、せめて一校のみに限定するよう陳情し、認められた。
  • 獣医師会は野党、つまり民進党玉木雄一郎さんにも献金を行っていた。タマキンは文字通り忖度し、獣医学部の新設自体を阻止しようとした。

 

このような動きの結果、タマキンは獣医学部の新設自体を阻止しようと動きました。しかし反安倍の政局にいそしむ民進党は、「加計学園に認可が下りた事が問題」「なぜ京産大は認可しないのか」といった、真逆の方向に話を進めてしまいます。

 

獣医学部やタマキンもびっくりですね。

 

そして更に迷走した民進党は、なんと「特区廃止法案」の提出に至ります。もちろん、全国各界から猛反発を受けています。

 

 

 

3.民進党の「特区廃止法案」って、実際に提出されたの?

安倍叩きをしたいがためにやってしまった、禁断の特区廃止法案。その問題点は多々ありますが、とりあえずは先日書いたエントリーを流し読んでいただければと思います。

 

www.inatei.com

 

これを書いた時点では、特区廃止法案を提出「へ」でしたが、実際に参院に提出されています。

 

www.sankei.com

 

 「加計学園」問題をめぐり民進党は、国家戦略特区に関し、既存事業や新規指定の当面停止を盛り込んだ法案参院に提出した。だが、特区の地元では、民進党議員も、特区適用や拡充を求めて活動していた。同党福岡県連の幹部は「民進党は規制改革に後ろ向きだと、有権者に受け取られかねない」と執行部の方針に疑問を呈した。

 

そして、自分とこの支部からも反発を食らってます・・・

なんだこれ。

 

 

 

4.今回の安倍首相の発言の影響は?

今回の安倍首相の発言の意味するところは、大きく3つ。

 

  1. 最初「両方認可すればいい」と書いた通り、複数の獣医学部を認可を可能とする。これにより、「お友達ガー」と騒ぐ野党の主張を全否定する。
  2. 「特区廃止法案」を提出した民進党こそが利権政党であり、自民党こそがこれを打破する改革政党であるということを明確にする。
  3. 都知事選にむけ、政権支持率を回復する。

 

このタイミングですので、直接的には3が目的でしょうが・・・

「特区廃止法案」なんてものを出しているだけに、長期的には2がボディーブローのように民進党に襲いかかるのでしょうね。

 

民進党どうすんだろう大変だな(笑)

 

 

 

5.追記:安倍発言全文が出ました。

news.livedoor.com

 

 獣医学部の新設も半世紀以上守られてきた堅い岩盤に風穴をあけることを優先し、獣医師界からの強い要望をふまえ、まずは1校だけに限定して特区を認めました

 しかし、こうした中途半端な妥協が、結果として、国民的な疑念を招く一因となりました。改革推進の立場からは、今治市だけに限定する必要はまったくありません。すみやかに全国展開を目指したい。地域に関係なく2校でも3校でも、意欲あるところにはどんどん獣医学部の新設を認めていく。国家戦略特区諮問会議で改革を、さらに進めていきたい、前進させていきたいと思います。