本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党の国会審議妨害に非難轟々

f:id:inatei:20170614195257j:plain

 

昨日、民進党真山勇一さん他が「維新・東徹さんの国会質疑を妨害して」審議を止めたことをお伝えしましたが、当然ながら非難が集中している模様。

 

 

 

1.何があったの?

 昨日もお伝えした通り、国会で維新が質疑を行っている最中に民進党議員らが乱入し、審議を妨害・散会させてしまいました。

 

inatei.hateblo.jp

 

 

 

2.真山勇一さんの言い訳

 これについて、主犯の真山勇一さんは、非難を受けることを承知で先回りしたつもりなのか、昨日の 18:26 にはこんな言い訳ツイートをしていました。

 

 

金田勝年法相の問責決議案を提出。
参院法務委の審議はストップ。
質問中の東徹議員には申し訳ないことになりましたが、問責が出されたことを委員長に伝えるのが私の役目でした。まず内閣委で与党が強行採決を試み、また法務委でも採決の動議を出す可能性が高まったため党執行部が判断しました。

真山勇一 参議院議員 (@MayamaMia) 2017年6月13日

 

しかし、すべての責任を民進党執行部に丸投げするなど責任転嫁が酷く、より一層国民の怒りを買う結果になっているようです。

 

www.buzznews.jp

 

質疑を止めてまで問責決議案を提出した上に、「指示に従っただけ」と理解を求めるかのようなツイートを流した真山議員のアカウントには6月14日朝までに500以上のリプライが寄せられるなど厳しい声が相次いでいます。

 

 

 

 

3.東徹さんの怒り

貴重な質疑を潰されてしまった、維新・東徹さんの怒りやいかほどのものか・・・

 

 

民進党の国会活動がどれほど最悪かがわかるかと思います。何をするのかメディアもきちんと報道してほしいです。時間の無駄、お金の無駄がわかるかと。 https://t.co/DdrpoqTqc3

— 東 とおる (@toru_azuma) 2017年6月13日

 

 

まだまだ審議すべきで充実した審議を求めておいて民進党のこの対応には我慢できません。 https://t.co/YZgLMx0Q4O

— 東 とおる (@toru_azuma) 2017年6月13日

 

他の維新議員も・・・

 

 

丸山穂高です。審議不十分といいながらまた民進共産が審議を止める茶番劇。もういいでしょう。政権時に逆に24回も「強行採決」した民進はそこから何も学ばず。これで明日以降本会議で大臣問責決議案否決、残り日程は最終カードの衆院内閣不信任まで→否決&参院法案採決を見据えたほぼ詰将棋状態に。

— 丸山ほだか (@maruyamahodaka) 2017年6月13日

 

 

民進党、最低だな💢https://t.co/oUrih6biNX

足立康史 (@adachiyasushi) 2017年6月13日

 

 


4.終わりに

 

これ、1両日経過したので、民進党も流石に公党として維新に謝罪を入れているものと思っていたのですが、そのようなソースは出ていませんね・・・

 

それどころか、問責問責と相変わらず嬉々として騒いでいる。

うちらの税金が、無駄に垂れ流されているというのに。

 

民進党には、まともな神経をもった人物は1人としていないのでしょうか?