守銭奴難民いなてい

守銭奴見っけたで


民進党の玉木雄一郎(三ツ星民進党)さんが、従来の主張を一変し獣医師不足を認める

f:id:inatei:20170611211553j:plain

 

民進党のタマキンこと玉木雄一郎さんが、「獣医師実は不足してますテヘベロ」を決めて、話題になってます。

 

 

ameblo.jp

 

しかし、牛や豚といった産業動物の獣医、とりわけ公務員獣医師の数は足りず、多くの都道府県で定員割れを起こしていることも事実です。

 

タマキンは今日、ブログにこんなエントリーをあげちゃいました。

「産業動物の獣医、とりわけ公務員獣医師の数は足りず」ってあーた、えらい軽く言ってくれますね・・・。

 

 

3日前、6/8の民進党公式ページには、こんな事書いてあるんですが・・・

democrats.jp

 

また、ペットの獣医師は20年間一貫して増えているのに対して、「会社」で勤務する獣医師の数は、平成4年(1994年)には2347人と平成26年と同水準に達しており、「会社」の数の増減は、「新たな需要」というより、景気変動の影響を大きく受けると考えられる。

(略)

製薬会社“等”で働く獣医師の数が10年で5割~6割増えたと大臣が国会で答弁し、いかにも、創薬などの「新たに対応すべき具体的需要」があるかのような印象を与えておきながら、実際には、製薬会社で働く獣医師数がいくら増加したかは分からない…

 

「不足しているように見える」のは、単なる「景気変動の影響(による誤差)」に過ぎないんでしょ?「新たな需要」というのは、実は「新たな需要があるかのような印象」に過ぎないんでしょ?なんで僅か3日で事実認識が変わっちゃうのよ・・・???

 

訳がわかりません。

 

 

今日のブログには、こんな事も書いてました。

 

ただ、獣医学部を新設して定員を増やすことが、産業動物獣医師、なかんずく公務員獣医師が不足している問題の解決策になるのか?

 

学部作らなきゃ、学ぶ人間出てこないだろ・・・