本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

ちょびリッチのダイナースクラブカード発行案件で¥23,760貰える

f:id:inatei:20170609055548j:plain

 

ちょびリッチの「ダイナースクラブカード」発行案件が、47,520ポイントに高騰していました。ちょびリッチのポイントは1/2円に相当するので、¥23,760分ですね。

 

 

注意点が2つあります。

 

 

1.ダイナースクラブカードの年会費は23,760円。つまり

ダイナースクラブカードは言わずもがな、クレジットカードの中でも特にステータスが高い部類にはいります。他のカードのプラチナカードやゴールドカード以上に相当する・・・

 

何が言いたいかというと、年会費クソ高いです(笑)

その年会費が¥23,760ですので、この案件を利用すると、ちょうど「初年度年会費が無料になる」という意味になります。

 

なので特にお金が儲かるという訳ではないのですが、実質年会費無料でダイナースクラブカードの有り余る特典を1年間お試しで利用してみよう!って方は是非、取り組んでみてください。

 

あと、陸マイラーな方なら単純に「マイルを買う」という意味でおすすめです。

 

2.ダイナースクラブカード自体の案件でも、条件付きで23,760円相当キャッシュバックされる。但し

www.diners.co.jp

 

ダイナースクラブカードのホームページを確認したところ、ダイナースクラブカード自身でも¥23,760キャッシュバックをやっておりました。キャッシュバックの条件は、以下の条件を満たした場合です。

  1. 入会後、3か月以内に¥30万以上利用
  2. 入会後、3か月以内にエグゼプディブダイニング利用
  3. 6/1~10/1の間のお申込み

 

ちょびリッチの案件と二重取りできるのであれば、むしろ¥23,760貰えるチャンスですが・・・その辺の言及はありませんでした。

 

通常のカード発行案件ではポイントサイトのポイントもカード会社のポイントも貰えるので、ダイナースクラブカードのポイントも問題なく貰えるとは思いますが・・・。狙う方は、念のため確認してくださいね。

 

3.ダイナースクラブカード、実質「単なる年会費無料相当だとしても入会する価値」とは?

ダイナースクラブカードのサービスは、おおむねアメックスゴールドと張り合うような内容だと思います。

 

 

  1. 空港ラウンジは、航空会社のラウンジが使える(雨金は回数制限あり(年2回))
  2. ホテル上級会員特典は「リーダース」と「一休ダイヤモンド」
  3. ホテルの無料宿泊特典無し(雨金はあり)
  4. ポイントは雨金の2倍
  5. 提携している高級レストラン1名分無料

4.じゃあお前は申請するんだな?!

・・・すんません。

例によって、「今回は見送る」つもりです。

 

雨金を初年度無料特典で契約している最中に、わざわざサービスのかぶるダイナースクラブカードを発行するの勿体ないじゃないですか。

 

雨金の無料期間が切れたら、あらためて発行してみようと思ってます・・・

 

 

5.申請は「ちょびリッチ」から!!

今回の特典をいただくには、ちょびリッチから申請する必要があります。

ちょびリッチのアカウントを持っていない方は、この機会にぜひアカウントを作成していただければと思います。

 

QR