本家いなてい

守銭奴見っけたで

民進党のマスクマン「デマノイ&支邦」しかしてその実態は・・・山井和則さんの階猛(しなたけし)さん

覆面レスラーのイラスト

 

民進党のデマノイこと病和則さんと恫喝魔人支邦猛さんが、謎のマスクマンを生み出して国民を不安に陥れています。

 

 

www.buzznews.jp

 

民進党山井和則国会対策委員長が5月16日の会見でテロ等準備罪法案を進めようとしている与党の姿勢を厳しく批判、「あらゆる手段を使って阻止したい」と語るとその一例として「マスクマン」の問題を挙げ、手段を選ばない印象を与えているようです。

 

これは5月12日の法務委員会で階猛議員が指摘していた、金田法相の後ろに控えている法務省の官僚がマスクをしているという問題で、議員はその理由を「口の動きを撮られたくないからではないかと思わざるを得ない」と苦言を呈していました。

 

これを「マスクマン」と表現した山井国対委員長は「こんなことは国会の歴史上初めて」「国会の恥にもなりかねない」と強い懸念を示し、5月16日午前の理事会でも問題になっていたこと、そして午後の理事会でも理由を説明してもらうことになっていると語っていましたが、「マスクマン」については「もし本当にご病気であるならばね、それは仕方がないですし」とマスク着用の理由について確信があるわけではないことを同時に窺わせていることから、こうした点をわざわざ「一例」として取り上げて強く問題視する民進党のまさに「あらゆる手段を使って阻止したい」態度が有権者からどのように評価されるか、注目されます。

 

これで国民の支持が得られると思ってるらしいから、国民も馬鹿にされたもんよねえ。

スポンサーリンク