本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

恐怖!絶叫ガソプリおばさん

f:id:inatei:20170512195032j:plain

 

民進党のあの山おしりさんが、自分より知識のある人間を答弁に出されてまた発狂しまくったそうです。

 

 

www.buzznews.jp

 

山尾「一般の方々は調査の対象にはなるんですか?」

(刑事局長が挙手)

委員長「林刑事局長。林局長」

山尾「大臣!大臣ですよこれは!」

(刑事局長、答弁台へ向かう)

山尾「これは大臣ですよ何故ですか!?何故!?じゃあ委員長何故これが細目的技術的事項なのか答えて下さい!何故ですか?一般人が調査の対象になるかならないか、何故細目的技術的事項なんですかおかしいですよ!一般の方々が何故調査の対象に、調査の対象になるのかならないのかこれは細目的技術的事項じゃない!大臣。細目的技術的事項じゃない!大臣です!大臣です!」

委員長「今指名しますのでその後で大臣に聞きます!」

山尾「大臣が自らどうぞ手を挙げて。大臣!大臣でしょおかしいでしょお!?一般の方々が調査の対象になるかならないかどうして刑事局長が・・・」

刑事局長「(発言を始めても山尾議員のヤジが止まらないため答えづらそうに)まずお答えします。あのー、告発があった場合の案件の処理。告発・・・」

委員長「次大臣行きますから」

山尾「委員長!委員長!おかしいですよ!おかしいですよ!こんなのおかしい!!」

刑事局長「告発があった場合の案件の処理というものは人に対して行っているわけではございません。その案件について調査すると言っても、その調査は被告発人が対象になっているわけではなくて、告発案件について嫌疑が生じているか資料が十分であるか、そういったことを調査するのについては、その対象は案件でございます」

山尾「委員長おかしい!こんなのおかしいですよしかも私が全然聞いてる質問に噛み合ってないじゃないですかぁ!!一般の方々は調査の対象にはなるんですかと!こういう、至極シンプルな質問ですよ。調査の定義だって(委員長「今やってますから」)ちゃんと質問の冒頭に丁寧にやったでしょ!こんなのおかしいよ!!

委員長「金田法務大臣

山尾「時計止めて下さいよ!」

委員長「金田大臣」

金田「えーただいま、えー刑事局長から申し上げたことに付け加えさせて頂きますが、事件について嫌疑が認められたか否かを検討するのであって、一般の方々が検討の対象になるものではありません」

山尾「委員長!まず委員長、何故今の、一般の方々が調査の対象になりますか、というシンプルな、大変基本的な、そして大臣の答弁から出て来る素朴な疑問が細目的技術的事項として刑事局長の答弁事項となるんですか理由を説明して下さい」

委員長「一般の方々と使われる文脈でまるで違いますのでそれについて全般的な答弁は出来ませんので、その分について細かいところを林刑事局長に聞きました」

(山尾「いやおかしいでしょ」)

民進党議員、委員長席へ)

委員長「時計を止めて下さい」

(議事中断)

金田「えー、その事件についてですね、嫌疑が認められるか否かということを検討するのでありますから、一般の方々がその検討の対象とはならないということを申し上げた通りであります」

 

自分の質疑だってのに、自ら延々とでかい声で野次を飛ばしまくり・・・

 太刀打ちできない相手が答弁に立ったとなると、発狂して怒鳴りまくり・・・

いい歳こいて、ガキかよこいつ・・・

 

 

 

 

 

 

inatei.hateblo.jp