本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党のあのデマノイこと山井和則さんが、またブーメラン「言論封殺紛いの発言」

f:id:inatei:20170427191353j:plain

 

民進党のデマノイ和則さんが、自民・二階幹事長を「言論封殺紛いの発言」と非難し、早速ブーメランとして自らの額に突き刺していました。

 

 

blogos.com

 

 

 自民党の二階幹事長が、今村前大臣の一連の騒動がマスコミの報道の仕方が原因と受け取れる発言をしたことについて、山井国対委員長は、「都合の悪いことを書くメディアは排除しろと言わんばかりの言論封殺まがいの発言」と述べ、

 

 

しかし、前日に民進党のガソプーがマスコミを恫喝し、言論弾圧をかけていたのです。

怒っているように見えるのは、もともとこういう顔なのです。決していつも無意味に怒ってばかりいるという訳です。

 

www.buzznews.jp

 

安住「(安倍首相は)都合のいいメディアだけ集めて、その場でぶら下がって、私に責任が全部あります申し訳ありませんハイさようなら、では済まないんじゃないかって言ってんです。(略)都合のいいことだけやらせるメディアも問題ありますよ!?

 

これに対しては記者から「官邸周辺のメディアは全て都合のいいメディアか?」との質問が飛び、安住代表代行は「総理にとって集めやすくて話しやすく質問も殆どしない」のならそういうことだろうとの認識だとしつつも「他意はありません」と説明。

 

しかしその後自民党の二階幹事長がマスコミを批判した件について問われると安住代表は「皆さんがそういうこと(都合の悪いことでも伝えること)が仕事なんですよって教えてあげなきゃいけない」と指摘した上で民進党は代表会見にフリーの記者が入るなどオープンにやっていると自賛していました。

 

しかし森友学園問題に関連して産経新聞が報じた辻元清美議員についての件で民進党が「根も葉もない噂」「そのような事実は一切存在しない」とした上でメディアに対しこう求めていたことを思い起こせば、安住代表代行の発言にどこまでの説得力があるかについては疑問に思う人も少なくなさそうです。

メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう強く求めます。