本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進動乱の裏で見え隠れする黒い影・・・その名は前

f:id:inatei:20170409081935j:plain

 

前・・・なんとかさん・・・?

 

 

GO細野さんが改憲私案を公表?!その時前・・・・・・さんは!!

 

民進党長島昭久さんが離党騒動を起こしているのと時を同じくして、同じく民進党のGO細野さんが改憲私案を公表しそうな感じになってきました。

 

this.kiji.is

 

 民進党細野豪志代表代行が憲法改正私案を10日発売の月刊誌「中央公論」で公表する。

 

 細野氏個人の見解との位置付けだが、与党や日本維新の会の主張と重なる点も多く、民進党内外に波紋を広げる可能性がある。

 

岡田代表時代の民進党は、「安倍政権による改憲には反対」という、訳わからない方針をとっていました。改憲・護憲を明確にしただけで瓦解するトンデモ政党ですので、それを避けるための詭弁でした。

 

ところが、現在の蓮舫・野田執行部共産党と組むこともあって護憲、つまり「改憲はけしからん」「教育無償化は改憲せずにできる」といったスタンスに舵を切りました。したがって、GO細野の私案は文字通りただの私案です。党内合意はとられていません。

 

当然、党のガバナンスはどうなっているんだ?という話になってきます。ここで、前・・・・・・さんが登場します。

 

www.sankei.com

 

 民進党前原誠司元外相は8日、細野豪志代表代行が憲法改正私案を月刊誌で公表することについて「意見は党の憲法調査会などで言うのが良いのではないか」と述べ、苦言を呈した。静岡県熱海市で記者団の質問に答えた。

 

GO細野の選挙区の目と鼻の先で苦言を呈するこの演出、嫌いじゃないぜ・・・。しかしガバナンスを気にするのであれば本人と直接会話をするのが当然であり、この苦言を党外で呈しちゃうのは結局GO細野がやってることと同じじゃね?という気がします。

 

そしてGO細野さんの反論。

 

 

私は民進党憲法調査会でも、衆議院憲法審査会でも、毎回提案してきた。それが提案政党としてあるべき姿だと思うからだ。手続き論ではなく、改正案の中身に対してご意見頂ければありがたいhttps://t.co/9eGdVb9RmE

細野豪志 (@hosono_54) 2017年4月8日

 

民進党内で実際に提案が行われてきたのかはわかりませんが、当事者に向けて言ってるんだからおそらく事実・・・いやこれ当事者に言ってねえな。ツイッターランドだし・・・。何この面倒くさいやりとり。同じ政党に所属してるんだから、お話ししなさいな。

 

 

党代表選時のみんなの関係

閑話休題。この前原さんとGO細野さんの関係は、ここ半年に限っても非常に訳わからない(←こればっか)状態になってます。

 

前原さんは代表選に出馬して蓮舫さんと争いましたが、その後表面に出る回数は少なくなっており、特に対立しているような感はなさそうです。

 

GO細野さんは蓮舫さんの推薦人に名を連ねていたので、この時点では現・蓮舫執行部の主要メンバーとして、前原さんと対立する立ち位置でした。

 

離党騒動の渦中の長島昭久さんも立候補を画策していましたが断念し、前・・・・・・?さんの推薦人になっています。

 

2016年の代表選には、かのタマキンこと玉木雄一郎さんも立候補して華々しく散っています。半年たった今、一番ブレイクしているのがタマキンであることは疑いようの無い事実です。

 

いやあ、人生何があるか分かったもんじゃあないですね。

 

 

長島昭久さんの闇に潜む黒い影、前・・・

 

黒い影の前・・・・・・さん絡みでおまけ。

 

先般より報道されている「長島昭久さんの離党」するんだかしないんだかの件ですが、あれでも前なんとかさんが「残念だー」とかコメント残してました。ネットにはまだ上がってないようですが、本日の読売朝刊に出ていたので1両日中にはソースが出てくると思います。たぶん「蓮舫氏が不快感」ってタイトルの記事になりそうです。

 

追記:ソース来ました

headlines.yahoo.co.jp

 

一方、かつて同じグループに所属し、外交・安全保障政策でも考え方が近い前原誠司・元外相は、静岡県熱海市内で記者団に「長らく親しくやってきたので大変残念で、大事な仲間を失ったことは痛恨の極みだ」と述べた。