本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党のガソプー(安住淳)さんが「謝って済むなら警察いらないもんね」とドヤ顔をキメたところ、みんなの反応が・・・

既読スルーだにゃーん?

f:id:inatei:20170408062221j:plain

 

民進党のガソプーことちびっこギャング安住淳さんが、記者会見で渾身のネタを振ってドヤ顔を決めたものの居合わせた記者全員から見事にスルーされるという、いたたまれない事件が発生してしまいました。

 

 

事件は4/7に発生。

 

www.buzznews.jp

 

民進党の安住代表代行が4月7日の記者会見で、今村復興相の発言が問題視されている件について問われ「謝って済むなら警察いらないもんね」と子供のケンカのような言い草をした上に、これがウケなかったという一幕がありました(画像は民進党より)。

 

子どものケンカに登場するようなフレーズを用いた安住代表でしたが、残念ながらこの発言はウケなかったようで、記者からの目立った反応はありませんでした。

 

安住淳さんといえば、東日本大震災の被災地を選挙区にしていながら「ガソリンをプールに貯蔵できないか」という、地元を文字通り火の海にしかねない恐ろしい提案をしたことがあまりにも有名な人で、これが”ガソプー”の由来になっています。

 

blog.livedoor.jp

 

なお、問題の動画はなぜか著作権侵害削除されていました。民進党が何かやったのかな。

 

しかし、安住淳の「軽率で大人気ない発言」といえば、むしろこちらでしょうね。これだけの恐怖政治をやっておきながら、人様のことをよく叩けるなあと。

 

【民主党】「何でもいいから制裁措置を考えろ」 防衛次官通達、当時副大臣の安住国対委員長が主導 政務官再考促すも耳を貸さず

 防衛省が昨年11月、自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる事務次官通達を 出した問題で、これを主導したのは当時防衛副大臣安住淳民主党国対委員長だった ことが26日、分かった。複数の防衛省筋が明らかにした。通達に関する会議で広田一 政務官は「この通達はやりすぎだ」と再考を求めたが、安住氏は振り切ったという。

 

 

 

ガソプーがネタにした今村復興相の件は↓に書かれている通りで、むしろ民進党がフリーの左翼ジャーナリストとマスコミを買収して挑発を繰り返させたのではないかという疑惑が出ています。

 

blogos.com

 

今、大きな問題となっている今村雅弘・復興相の発言に対する報道でも、典型的な「ストローマン手法」が用いられている。国民の多くは、今村大臣の激高部分だけをくりかえし見させられて、「なんて横暴な大臣だ」と思い込んでいるだろう。

 

しかし、実際のやり取りはどうだったのか。意図的な編集をされていないだろうか。そんな観点で問題となった4月4日午前10時からおこなわれた閣議後会見を見てみると、新たな事実に気がつかされる。むしろ、その「一部始終」を見た人は、逆に、今村大臣の方に同情してしまうのではないだろうか。

 

まともに報じれば、大臣側に同情が集まる可能性がある。そこで、各メディアは、いつもの「ストローマン手法」を用いて、できるだけ今村大臣への怒りが増幅されるように記事を仕立て上げている。

 

しかし、そんな日本の新聞やテレビのやり方は、とっくにバレている。ネットでは、フリーランスの記者の質問内容に対して、喧々諤々(けんけんがくがく)の論争が巻き起こっている。新聞が、とても「若者の信頼」を勝ち取ることができないメディアになり果てたことを「再確認」させてくれる出来事だったことは間違いない。