本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

【辻友事件(森友学園事件)】民進党のあの陰謀論者(もちろん玉木雄一郎さん)がボコナグリされる

f:id:inatei:20170329200328j:plain

 

民進党陰謀論者・タマキンこと玉木雄一郎さんが、国会質疑で辻友事件(森友学園事件)を都合よく語り、維新の足立康史らにいろいろ指摘されまくる惨劇がありました。

 

 

www.buzznews.jp

 

 

まず玉木議員は2つの点から野田中央公園の取引に問題がなかったと主張。ひとつは森友学園は売却価格そのものが8億円減じられ1.3億円の価値として取引されていた一方、野田中央公園補助金によって豊中市の実質的な負担額こそ0.2億円であったが取引された土地の価格としては14億円であったとして「購入者の負担額と実際の売却費用をきちんと分けて考えねばならない」と述べていました。

 

次に豊中市への売却時期について国土交通省内閣府の答弁を元に「平成21年、第一次補正予算つまり麻生政権の元での事業ですね、これ民主党政権になってもそのまま引き継いだ形で22年に執行したということ」とし、辻元議員が国土交通副大臣であった時期とは無関係であることを示そうとします。

 

しかし、この主張には異論もありそうです。というのも前者については森友学園への売却価格からはゴミの撤去費用が差し引かれていたため、玉木議員からの質問に対しては財務省も答弁でこのように釘を差しており公園用地と森友学園の土地取引を同列で比較すべきではないとの見方を示しています。

 

また後者についてはその後質疑に立った足立議員がこう指摘し、辻元議員が副大臣であった時期と無関係であるとまでは言えないのではないかとの見解を明らかにしています。

 

21年8月末の総選挙の直後、政権交代が決まった後、21年の9月11日に豊中市が航空局に案件を初めて持ち込みました。4日後の21年9月15日に航空局は近財に話を持ち込んでます。その3日後に辻元清美さんは国交副大臣になってます。ね?そして半年かけて調整がいろいろあって、22年の3月12日にこの金額が決まってる

 

野田中央公園でドーンとぶち上げたのは、このへんはもう辻元清美議員の庭みたいなとこですから。辻元清美議員の庭みたいなとこで、その土地の地価を上げたかったんですよ地価を。これで地価上がってますよ?いいですか?この土地で、この土地が14.2億円で取引されたわけですよ。これはこの地域の地価を上げたかったんですよ。いいですか?全てヤラセです。」

 

 

その後、難病から復帰しやや覚醒した?同僚の原口議員からもチクリと攻撃されるなど、タマキンはクソミソな結果に終わったのでした。

 

www.saga-s.co.jp