守銭奴難民いなてい

守銭奴見っけたで


民進党のあのデマノイさん「南スーダンでの活動終了は森友隠しではないか」と独自の主張を展開

f:id:inatei:20170311134746j:plain

 

政府が南スーダンでの自衛隊の活動の終了を決めた事について、民進党のデマノイこと山井和則さんが「森友隠しではないか」という独自の主張を展開し、話題になっています。

 

www.jiji.com

 

民進党山井和則国対委員長も記者団に「森友隠しではないかとの疑念も感じざるを得ない」と語った。

 

 

ここ2,3日だけ見ても、北朝鮮がミサイルをぶっ放ち、民進党南スーダン周りで変な主張を展開し、韓国で大統領の弾劾が決まったかと思えば国内では小池豊洲事件で石原が反論したり青島の引継ぎドキュメントが出てきたりと事件が目白押しの中、で、

 

森友ははっきり言って一番「どうでもいい」。

 

 

南スーダンの件では、今国会でも民進党が「戦闘の行われている地域に自衛隊を派遣したことは問題だ」と主張した直後に「野田政権時代の報告書にも”戦闘”と書かれていた」ことや「そもそも派遣を決定したのは民主党菅直人政権であり、実際に派遣したのも民主党野田政権だ」という情けない自爆テロを見せつけています。

 

www.zakzak.co.jp

  

 民進党は、日報に記載された「戦闘」という文言を問題視している。PKO参加の前提となる紛争当事者間の停戦合意は崩れているという主張だ。

 だが、ここで民進党が触れない事実がある。旧民主党野田佳彦内閣時代の平成24年春、隣国のスーダン軍が国境を越えて南スーダン空爆し、他国のPKO部隊に被害が出るなどした。そして当時の報告にも「戦闘」と記されていた。

 

 

 

inatei.hateblo.jp