本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

「日本死ね!」民進党山尾おしりさんが国会で興奮して絶叫

f:id:inatei:20170217214116p:plain

 

民進党の山尾おしりさんといえば、ガソリンプリカ事件で公選法違反の疑いが強く持たれていたり、巨額のコーヒー代だったり、「日本死ね!」と絶叫したり、議員以前人間としてこの人どうなの?というぐらい、問題の多い人であります。

 

 

その山尾おしりさんが、国会でヒステリーを起こしたようです。

 

www.buzznews.jp

 

民進党山尾志桜里議員が2月17日の衆議院予算委員会で絶叫するかのように安倍首相に詰め寄り首相から「そんなに興奮しないで」とたしなめられる場面がありました(画像は動画より)。

 

これは山尾志桜里議員が世に広めた「保育園落ちた日本死ね」の待機児童問題で政府を追及する際に見られたもので、山尾議員は安倍首相に対し過去何と話したのか答えるよう迫ります。

 

安倍首相が事務方に確認しようとすると山尾議員は興奮、周囲に聞かず答えろと声を張り上げて安倍首相に答弁を求め、代わりに答弁に立とうとした塩崎厚労相を制して「答えて下さい!わからないんですか!」と絶叫していました。

 

収拾がつかなくなったため審議は一時中断。その後答弁に立った安倍首相は開口一番「そんなに興奮しないで下さい」と呆れ、委員会では質問者が答弁者を指定するものではない、正確に答えるため確認するのは問題ない、と指摘した上で過去発言をその場で答えさせようとした山尾議員に対し通告をせずにすぐに答えられなかったからといって一本取ろうとする行為だと批判。「自民党はそんな質疑はしませんよ?」と民進党の態度に否定的な見方を示します。

 

民進党自体も政党としては非常に問題が多い党ですが、このように国会運営を妨害する目的「事前通告を遅延させる」「事前通告を行わない」という手法を頻繁に用います。こんな政党・議員に投票した人間には、きちんと責任を取って頂きたいものだと思います。すごく迷惑です。

 

山尾議員はこれに続いて答弁に立ちましたが「笑うところではない」と混乱の原因が自らの揚げ足取り狙いや興奮にあったことを棚に上げるかのような語り口であったため「じゃあ冷静にしてよ」とヤジが飛んでしまいます。

 

しかし反省の色など微塵も見せずに周囲に対し「ちょっと静かにして下さい!」と再び苛立ちを隠そうとしなかったためその後安倍首相からは再び「興奮してなじるのはいかがなものか」などと疑問を呈されていました。

 

 

inatei.hateblo.jp